大好きな文房具や日々のうたうだ話。。。鈍牛(のろうし)ウシヱの日記です。


by noro_ushi

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おくすり手帳

手帳とつけば何でもいいのかっ⁉︎と一人ツッコミを入れたくなりますが、
「おくすり手帳」なるものが好きです。
集めたい♡

f0346041_13314928.jpg

[PR]
by noro_ushi | 2014-05-27 13:31 | 手帳

ドーナツのボールペン

以前に某ドーナツ屋の本社で働いていたせいか、
ドーナツモチーフの小物が好きです。

牛>猫>ドーナツ>犬
ってところでしょうか。
(犬は渋系のダックスフント限定になるともっとランクアップします)

ということでルックス買いした、ドーナツモチーフのボールペン。

f0346041_6165342.jpg


文具メーカーの物ではないので、書き味は期待せず購入しました。
替え芯のカスタマイズでニヒニヒできるかと思ってますが…
まだろくに中身の確認もしておりません。

楽しみは先に残しておきたい派です(笑)
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-26 06:16 | ボールペン

消せるでしかし!

タイトルは故・横山やすし師匠の「怒るでしかし!」風。

MONOの消しゴムが好きだから(←ルックス重視派)という理由で買った、
修正テープMONO 2way

f0346041_3201984.jpg


本当は白が欲しかったけど、売り切れてて紫を買ったと思う。
でも修正テープに消しゴムが一体化する必要があるのかどうかは疑問。
まあ、備えあれば憂いなしかな〜(^ ^)

…使いかけの修正テープも消しゴムもいくつかあるのに、何となく出番を待ってる一品です。
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-24 03:19 | その他文房具

大切な予定の描き方

約半年後に大切な予定が入った。
ものすごく楽しみで、でもそのためには「産みの苦しみ」を味合わねばならない。
あるグループ展に参加するのだ。

ギャラリーでの展示期間と、搬入搬出の時間の予定だけが決まってしまった。
…搬入するブツの方はカケラもできてないのに!(嗚呼

さっそく手帳に予定を書き込まなければ。
どのペンでどのように書こうか。
楽しみ過ぎる予定の記入なので、色も太さも本当に悩む。
字なんてひっくり返ってしまいそうだ。
(大体こういう時の手描き文字に限って、普段よりブサイクさ5割増し位になってしまう。)

…そんな事に悩む間に、ちょっとはブツの製作の構想でも立てればいいんですけどね。
きっと5か月後位にもがき苦しんでる自分がいるのはわかってても、
今はうきうきしてしまいます。
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-22 16:52 | 手帳

パート従業員のろうし

職業は飲食店店員です。

夫が経営する店をヘルプで手伝っているだけのパート従業員なのですが、
お客様からはしばしば「ママさん」と言われます。

店主の奥さん=ママさん という意味で、華やかな夜の蝶(←死語⁉︎)という感じの、
プロの水商売のママさんの意ではないのでしょうが…
わかっていてもいつもプレッシャーを感じて逃げ出したくなります。
連呼されると、意味もなく腹立ってきて(逆ギレ)
猫のようにシャーって叫びたくなるくらい。

接客業には全く向いていない地味な性格なので、
事務用品やポップ用品の買い出しに行く時が一番幸せな時です。
シモジ○や文具のディスカウント店なら毎日でもおつかいに行くのにな。

…そういえば伝票記入用に私が買ったジェットストリーム0.5mmを夫が気に入らず、
勝手にテキトーな0.7mmボールペンを2種類も買って、しかもインク切れで使い捨てようとしてた!
明日替芯を買って来なければ♪♪

写真は通勤用のチャリの鍵。
のろうしだけど、松坂牛キューピーです。
のろのろと夜な夜な、チャリ出勤しとります。

f0346041_461334.jpg

[PR]
by noro_ushi | 2014-05-22 04:05 | 自己紹介

ココイロちゃん改造

愛してるがゆえに、
どうしても彼(彼女)のここだけは許せない、直して欲しいってところはないでしょうか?

のろうしは大好きなこの子に、長年不満を持ち続けていました。
ジグ レターペン ココイロ…ちゃん。

f0346041_249068.jpg


…お、お前の、ケツが許せん!

なんで、そんなデリケートな部分が剥き出しなのぢゃ!(怒

いくらキャップを外してお尻に回せば済むと言っても、
この状態で上着や鞄のポケットにさすのは抵抗ないっすか⁉︎
なんでここの部分のコストをケチったのですか呉竹さんよぉ〜!(´・_・`)

書きごこちは本当に良くって、特にブルーブラックの色が大好きなのに♡

f0346041_249176.jpg


↑ノートに書いてみたHP商品ラインアップからのキャッチコピー。
…ココロがホッとうるおう本体って…のろうしの心は潤わんわー!

でもね、でもね、
同じ呉竹の手紙ペンとリフィルに互換性があると聞きまして、
ずっと欲しいと思ってた蒔絵物語を奮発しましてん♪

f0346041_249292.jpg


なるほど手紙ペン蒔絵物語にココイロのリフィルがすっぽり収まって、
これでいつもペン立ての中でお留守番してたココイロちゃんを心おきなく連れ出せます。
上品な大人のレディーに生まれ変わったしね。

イヤ、だけどやっぱり、呉竹さん!
やっぱりココイロは、インクの残量が見える利便性よりルックス重視がいいと思うの!
もう少しだけ本体価格が上がってもいいから、お尻の隠れたココイロちゃんを作って下さい〜!!(←熱望)
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-21 02:49 | その他筆記具

アイラブフミヲ

文房具についてのブログを発信している方々の中で、
一番尊敬してるのは猫町フミヲさんです。

恥ずかしながらその存在を知ったのはまだ最近の事でして、
彼女のブログ3篇数年分を毎日、長編小説を読むように遡って購読しております。
しかし未だに全てを読み切っておりません。

爆笑したり、お身体は大丈夫なのかと心配したり、ほろりとしてしまったり
もちろん豊富な知識と経験に基づいたお話に感心したり…
寝る前の布団の中でスマホから拝見してるので失礼だとは思いつつ、
毎日楽しい時間をいただいています。

全記事を読破したら、ファンレターのおてまみを書いて送るつもりです♡
(↑モイキ 笑)
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-20 15:13 | 悲喜こもごも
のろのろゆるゆると、大好きな文房具の事についてつぶやいていきたいと思います。

のろうし は紙と筆記具が大好物♡でして、
さらさらとなめらかな書き味のペンや万年筆&ノートがあれば幸せ!

最近のヘビロテはコレです。

f0346041_633169.jpg


『ユニボール シグノ RT1 ハローキティ』0.38mm

f0346041_633386.jpg


2013年9月27日(金)発売で軸色は9色展開の数量限定品だそうですが、
のろうし的には久しぶりのシグノで、最近何となく購入しました。

ピンクとか赤じゃなく、爽やかなマリンカラーのキティちゃんが新鮮だったので。
インクもブルーです。

思えばシグノのゲルインクボールペンは、私がペンにはまるきっかけになった物でして。
キャップ付き0.38mmは色も良かったので、一時期は狂ったように集めたなぁ。
ブルーブラックとブラウンブラックは今も机の中にあるけど、
ボルドーブラック・グリーンブラックも大好きでした。
…キャップ式のわずらわしさや、最近はスタイルフィットを使うせいで殆ど出番がなかったけど。

おかえり♡シグノちゃん って感じで、爽やかブルーのインクにハマっています。
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-20 06:03 | ボールペン

ご挨拶

はじめまして。
のろうし です。

フルネームは鈍牛(のろうし)ウシヱといいます。

呪う牛ではありません。
呪うし!でもありません。
のろうし です。

鈍牛は一般的には どんぎゅう って読むみたいですが、
のろうし って読み方もあって、その方が好きです。

私はウシが大好きなんです。
高村光太郎さんの詩の中の牛は、強くて自分とは比べものにならないけど、とても共感できます。
まだまだかっこいい牛にはなれない、ただの のろうし ですが…
よろしくお願いします。m(_ _)m



「牛」 高村光太郎

牛はのろのろと歩く
牛は野でも山でも道でも川でも
自分の行きたいところへは
まつすぐに行く
牛はただでは飛ばない、ただでは躍らない
がちり、がちりと
牛は砂を堀り土を掘り石をはねとばし
やつぱり牛はのろのろと歩く
牛は急ぐ事をしない
牛は力一ぱいに地面を頼つて行く
自分を載せてゐる自然の力を信じきつて行く
ひと足、ひと足、牛は自分の道を味はつて行く
ふみ出す足は必然だ
うわの空の事ではない
是でも非でも
出さないではゐられない足を出す
牛だ
出したが最後
牛は後へはかへらない
足が地面へめり込んでもかへらない
そしてやつぱり牛はのろのろと歩く
牛はがむしやらではない
けれどもかなりがむしやらだ
邪魔なものは二本の角にひつかける
牛は非道をしない
牛はただ為たい事をする
自然に為たくなる事をする
牛は判断をしない
けれども牛は正直だ
牛は為たくなつて為た事に後悔をしない
牛の為た事は牛の自信を強くする
それでもやつぱり牛はのろのろと歩く
何処までも歩く
自然を信じ切つて
自然に身を任して
がちり、がちりと自然につつ込み食い込んで
遅れても、先になつても
自分の道を自分で行く
雲にものらない
雨をも呼ばない
水の上をも泳がない
堅い大地に蹄をつけて
牛は平凡な大地を行く
やくざな架空の地面にだまされない
ひとをうらやましいとも思はない
牛は自分の孤独をちやんと知つてゐる
牛は喰べたものを又喰べながら
ぢつと淋しさをふんごたえ
さらに深く、さらに大きい孤独の中にはいつて行く
牛はもうと啼いて
その時自然によびかける
自然はやつぱりもうとこたへる
牛はそれにあやされる
そしてやつぱり牛はのろのろと歩く
牛は馬鹿に大まかで、かなり無器用だ
思ひ立つてもやるまでが大変だ
やりはじめてもきびきびとは行かない
けれども牛は馬鹿に敏感だ
三里さきのけだものの声をききわける
最善最美を直覚する
未来を明らかに予感する
見よ
牛の眼は叡知にかがやく
その眼は自然の形と魂とを一緒に見ぬく
形のおもちやを喜ばない
魂の影に魅せられない
うるほひのあるやさしい牛の眼
まつ毛の長い黒眼がちの牛の眼
永遠を日常によび生かす牛の眼
牛の眼は聖者の眼だ
牛は自然をその通りにぢつと見る
見つめる
きょろきょろときょろつかない
眼に角も立てない
牛が自然を見る事は牛が自分を見る事だ
外を見ると一緒に内が見え
内を見ると一緒に外が見える
これは牛にとつての努力ぢやない
牛にとつての当然だ
そしてやつぱり牛はのろのろと歩く
牛は随分強情だ
けれどもむやみとは争はない
争はなければならない時しか争はない
ふだんはすべてをただ聞いてゐる
そして自分の仕事をしてゐる
生命をくだいて力を出す
牛の力は強い
しかし牛の力は潜力だ
弾機ではない
ねぢだ
坂に車を引き上げるねぢの力だ
牛が邪魔者をつつかけてはねとばす時は
きれ離れのいい手際だが
牛の力はねばりつこい
邪悪な闘牛者(トレアドル)の卑劣な刃にかかる時でも
十本二十本の槍を総身に立てられて
よろけながらもつつかける
つつかける
牛の力はかうも悲壮だ
牛の力はかうも偉大だ
それでもやつぱり牛はのろのろと歩く
何処までも歩く
歩きながら草を喰ふ
大地から生えてゐる草を喰ふ
そして大きな体を肥す
利口でやさしい眼と
なつこい舌と
かたい爪と
厳粛な二本の角と
愛情に満ちた啼声と
すばらしい筋肉と
正直な涎を持つた大きな牛
牛はのろのろと歩く
牛は大地をふみしめて歩く
牛は平凡な大地を歩く


昭和32年3月25日筑摩書房発行 高村光太郎全集第一巻 より
[PR]
by noro_ushi | 2014-05-20 04:19 | 自己紹介